人気ブログランキング |

Tomiko's

tarizumi.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:美術( 55 )

森美術館:塩田千春展と国立新美術館:ボルタンスキー展

20190717

PERROTIN
JOSH SPERLING 
=Summertime =
+
森美術館
塩田千春展=魂がふるえる=
+
国立新美術館
クリスチャン・ボルタンスキー

◆PERROTIN=Josh Sperling

ジョシュ・スパーリングの作品の立体感をいちど眼で体感してみたかったのですごく満足。
躍るような遊び心の表現者はなんと1984年のニューヨーク生まれ。

b0071410_22165827.gif

b0071410_22172366.gif

ランチは
ギャラリーの斜向かいのぶどう酒食堂で
今日は石窯の前のカウンター席です 笑

b0071410_22185064.gif



◆森美術館=塩田千春展=

不思議なことに
いっこうに魂はふるえませんでした 笑
それよりも糸を紡ぐ作業とか
スーツケースを集める苦労とか
さぞかし大変だろうなぁと老婆心。

b0071410_22194960.gif

b0071410_22204877.gif

会場に居ながら
Magdalena Abakanowiczの作品の美しさや
兵馬俑6000体などの迫力を思い出しました。

b0071410_22213593.gif



◆国立新美術館
=クリスチャン・ボルタンスキー=

なんの知識もないままに…
会場に入った途端に悪夢のような音と映像に不快感がmaxim!!!!!!!!!

ところが
いつか悪夢は消えていました

b0071410_22272537.gif

b0071410_22221478.gif

b0071410_22235882.gif


一連作《モニュメント》では
仄暗い灯と無数の写真による
インスタレーションはまるで教会の
祭壇画を観ているような気分に。

《アニミタスⅡ》の前では
暫くの間長椅子に座っていました。
死後の入り口にはこんな風景が広がっているのじゃないかしら⁇と想像しながら。

風鈴の音色と
始終流れている喘ぎの声はまるで人生の縮図 笑

b0071410_22271717.gif

六本木から乃木坂への
細い裏道を歩きながら…
かっての遊び仲間のことを思い出した
一日でした。

b0071410_22275768.gif

b0071410_22290361.gif




by tarizumi | 2019-07-17 22:16 | 美術

メスキータ展:東京ステーションギャラリー


エッシャーが
命懸けで守った男。
『メスキータ』
=東京ステーションギャラリー=

b0071410_17144356.gif


メスキータは
自分の運命を知っていたのだろうか⁇
何かを潜在的に予感しながら制作していたのだろうか⁇

木版もリトグラフも
油彩や水彩までもほとんど色彩がないけれど
第2章-人々-の展示室
木版画《母と子》の微笑みに救われました。

かって
BUNKAMURAでのエッシャー展で
遊び心を全開させた愉しみ方とは違ったけれど
メスキータの作品の中にある
苦笑いする場面も愉しみました。

ポーランド系ユダヤ人だった
彼の最期を思うとやりきれないけれど…
二人の几帳面な情熱によって
作品を観ることができて良かった‼︎


そのあと
ご一緒したジュエリー作家のMINERI-SANと
EATALY TOKYOでいい時間を‼︎

b0071410_17185766.gif


・ルッコラ&トマトのサラダ
・ライスコロッケ
・生ハム&ゼッポリーニ
b0071410_17193579.gif

耳たぶパスタ
クリームソースのオレキエッテ
b0071410_17202858.gif

仔牛のソティハーブ味
b0071410_17211803.gif

ドルチェは
・ラム酒たっぷりのババ
・レモン酒たっぷりグラニータ
b0071410_17221034.gif


長い間
眠っていたダイヤのリフォーム作品。
私もダイヤも素敵になりました 笑
感謝!!!!!!!!

b0071410_17234255.gif


MINERI-SANから頂いた
PAUL-PATISSERIE PUR BEURRE-
オレンジの香りが素敵な限定パウンドケーキ
お茶しながら投稿 笑

b0071410_17241984.gif





by tarizumi | 2019-07-12 17:14 | 美術

イタリア・ルネサンス美術受講日


今日は横浜で
イタリア・ルネサンス美術の受講日

b0071410_19264785.gif


アッシジを
懐かしく思い出しながら…
サンフランシスコ聖堂下堂のサンマルティーノ礼拝堂壁画
シモーネ・マルティーニの
『聖マルティヌス伝』連作の講義を聴きました


聖マルティヌス(315-397)は
ヨーロッパ初のキリスト教の聖人

アミアンの城門で半裸で震えている物乞いにマントを半分に引き裂いて与えたのですが
なんとその物乞いがイエス・キリストだったというマントの伝説の人
存命中も死後も数々の奇跡をもたらした聖人

ロワール川流域の葡萄栽培の先駆者でイタリアではワインの守護聖人
酩酊を避けたいときには祈りを捧げるとか

いつも受講後のランチは
Wikipedia で色々調べながら復習
自戒のためランチビールの写真はパスです 笑



by tarizumi | 2019-07-01 19:26 | 美術

六本木遊び: 飲んで食べてお喋りして…アート三昧


“今はどちら⁇”
という嬉しいメールを頂いて…
久しぶりに六本木遊び 笑

AXIS Va Toutでのランチのあと
麻布台のRIE-SANの素敵なアトリエへ
作品主題は「Infinity Prana」
壮大な幸せエネルギーに囲まれて
心地いい時間が過ぎました


b0071410_19384226.gif

いい流れの余韻のまま…
国立新美術館『ウイーン・モダン』
やはりエゴン・シーレの
躊躇うような線と色彩の哀しみが
とても好きですね

b0071410_19441164.gif

二軒の店で
お喋りして飲んで食べて …

b0071410_19413409.gif

b0071410_19415906.gif

イタリアンバールで
MINERI-SANから聞いていた
白ワイン+カンパリをソムリエの方にお願いして…
なかなか美味でした‼︎

b0071410_19471219.gif

久しぶりに
夜更かしの楽しい楽しい
一日をありがとう❣️



by tarizumi | 2019-06-14 19:37 | 美術

井の頭公園脇の一軒家Gallery 石田 : 倉井由紀子個展


Gallery 石田
『草木の色  メコンからの便り』
=Studio Bunrin=

青葉の美しい
井の頭公園を通り抜けて
一軒家Gallery石田へ

b0071410_22231683.gif


ラオス・タイを拠点に20年余
丁寧な手仕事作家倉井由紀子さんの染色と織りの世界には溜息でした

b0071410_22244503.gif


どれも逸品‼︎
次々と素敵な作品を纏わせて頂き
思いがけなく似合うことを新発見 笑

お喋りに夢中になって
すっかり長居して帰りました
素敵なシルクのジレをゲット

b0071410_22251728.gif

草木染めの
シルク生地に丁寧な錦糸の手刺繍が素敵‼︎



井の頭公園は
いつ来ても大好きな公園です

b0071410_22300055.gif

熱海から戻ると
都会の文化的時空がたまらない魅力
牙剥いて歩いています 笑



by tarizumi | 2019-06-11 22:21 | 美術

赤坂ジャローナ:ひかりとかたち そのむこう 徳永雅之・山川美雪


赤坂ジャローナ
=ひかりとかたち・そのむこう=
徳永雅之 山川美雪

b0071410_22132605.gif



徳永雅之さんは
=瞼を強く押したときに見える
抽象絵画の映像のような=
どこか懐かしさのあるエアブラシによる作品

山川美雪さんは
儚さのある雰囲気がとても好きでした
片一方に展示された雑器との
ニュアンスの違いには驚きましたが

b0071410_22172758.gif


ピュアな言葉で語られた
若いアーティストトークも楽しみました

b0071410_22164042.gif


いかなる意図で作られても
《これはあのひとの世界‼︎》という
作品づくりの難しさを感じた作品展でした



by tarizumi | 2019-05-18 22:12 | 美術

MOA美術館 北斎漫画と冨嶽三十六景展


MOA美術館
北斎漫画と冨嶽三十六景展

b0071410_22062557.gif

眩しいほどの新緑
たっぷりゆったり北斎世界を堪能しました

b0071410_22072055.gif

何度観ても
ちょっとユーモラスな
冨嶽のお出まし描写はもう絶妙‼︎

b0071410_22084147.gif

美術館内での
食事処花の茶屋や
茶室 一白庵でのくつろぎタイムは
至福の時間なのです

b0071410_22151389.gif

あゝ
いい日曜日でした‼︎


by tarizumi | 2019-05-12 22:05 | 美術

二つの展覧会:国立西洋美術館と東京ステーションギャラリー



空気感が
どことなく似ていて
まったく異なる二人の巨匠の
展覧会を観ました
美術館巡りとしては
組み合わせ抜群の一日でした‼︎


・国立西洋美術館
《ル・コルビュジエ
絵画から建築へ-ピュリスムの時代》

b0071410_23592349.gif

美しい模型の数々
雑誌エスプリ・ヌーボーの世界と
映像の《バレエ・メカニック》は
ゆったりと楽しみました

b0071410_00012978.gif


サブタイトルが-絵画から建築へ-
なのですが…
こんなにも数多くの絵画の展示が
必要だったのでしょうか?

今回は展覧会を観る前に
外からじっくりと世界遺産を眺めました
前庭の樹々が端正でなくて残念‼︎

b0071410_00260883.gif



・東京ステーションギャラリー
《アルヴァ・アアルト
もうひとつの自然》

東京駅舎丸の内北口改札に出た途端
重厚感のある天井空間にホッとしましたね
上野から来ると…笑

展覧会は
写真撮影ができなくて残念ですが
アルヴァ・アアルトの建築や家具デザインは
木の温もりと流線の美しさ‼︎
自然界のなかで見い出されたという
心地よいコンセプトによる作品群には
癒されました

アルヴァ・アアルトの言葉
-果実に咲く花々はすべて同じパーツにもかかわらずそれぞれが個性的である-
が好きでした

二つの展覧会を見終わって
物作りに必要なのは紛れもなく
純粋性だと思いました





by tarizumi | 2019-03-13 23:58 | 美術

20190301 原美術館:ソフィカル展

20190301
原美術館
「ソフィ カル ─ 限局性激痛」
原美術館コレクションより

19年前の
ソフィカル展のことを
ほとんど覚えていないので再訪

b0071410_20112147.gif

b0071410_20115898.gif

正門の展示案内板を見た途端
うっすらと記憶が戻りはじめました

b0071410_20154397.gif



2階の第2部展示室では
当時の気分まで思い出していましたね
‘ソフィカルのような友達がいたら
辟易するなぁ〜’と…

19年経って
感じ方が変わった⁇と自問したが
やはり答えは同じ 笑
この19年の間に
激痛を伴うような出来事がなかった
わけじゃないけれど


b0071410_20162656.gif


それよりも年内閉館が
残念でほんとうに寂しい‼︎


by tarizumi | 2019-03-01 20:10 | 美術

20190223 :現代アートを楽しむ会 「アートと落書き」


20190223
第28回 現代アートを楽しむ会
《アートと落書き》を受講

15000年前の
スペイン洞窟壁画からはじまって
全盛期のアメリカン・グラフィティ
地下鉄アニメーションやバンクシーや
ラッシュ・サックスに至るまで

数多くの映像と
高田壽八郎氏の興味深い講義で
『落書』世界をかけ巡った
充実の2時間でした‼︎

落書きとアートの定義づけは
どういうものなのか⁇

私は
バスキアやキース・へリングは
落書きとして存在していたことに
意味があったのではないかしら⁇
とか…
サザビーズオークションで
1億5千万円で落札された途端
額縁に仕掛けられたシュレッダーで
切られたバンクシー事件も
あれで良かったのではないかしら⁇
と思っています
いい疑問が残る内容のある講座でした

もうひとつ良いことが 笑
偶然にも素敵なFB友達と同席。講座後…
茗荷谷のたまやでワインを飲みながら
楽しい時間を過ごしました

b0071410_01073702.gif


いい講義を聞いたり
いい映画を観たあとは
感性の合う人と飲みながらのお喋りは
至福の時間ですね 笑




by tarizumi | 2019-02-28 01:00 | 美術
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31