Tomiko's

tarizumi.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:映画( 56 )

岩波ホール:《祈り》《希望の樹》《懺悔》


岩波ホールなう
いちにち映画館で過ごす日

b0071410_11141018.jpg

慌しく過ごした
ギャラリー自由が丘での一週間
無事終了いたしました
ご来廊に心から感謝いたします



今。
良質な静寂さに
思いっきり浸りたくて
ジョージア映画を観にきています

b0071410_11190589.jpg

グルジアの映画の神様といわれている
テンギス・アブラゼ監督の三部作
《祈り》《希望の樹》《懺悔》

b0071410_11193257.jpg



映画と映画のあいだはタイ料理

シンハービールは関所みたいなもので
やめられない(笑

b0071410_12210541.jpg

b0071410_12210757.jpg

いつまでも
残暑が続く異常気象の日々には
癒しの時間になりますね

3本の上映時間は
トータルすると至福の338分(笑

眠りそうだなぁ(笑



[PR]
by tarizumi | 2018-09-10 11:12 | 映画

恵比寿ガーデンシネマ: 《 ロンドン、人生はじめます》


今なにしてる⁇
恵比寿ガーデンシネマなう





こんなにガラガラな此処も珍しい‼︎
一瞬独り占めって思いました 笑

b0071410_17215393.jpg

ダイアン・キートンの
《ロンドン、人生はじめます》
原題《Hampstead》を観ます

b0071410_17285319.jpg

b0071410_17261421.jpg

b0071410_18154288.jpg

b0071410_17261951.jpg

6月中旬から
ハムステッドに3週間滞在する予定なので
見逃すわけにはいかない 笑

それにしても
大型連休時期は東京で遊ぼう‼︎
が正解かも

明日は
銀座から神楽坂の画廊巡りの予定
地下鉄も空いてますね

b0071410_17295551.jpg



[PR]
by tarizumi | 2018-05-02 14:19 | 映画

映画:フェデリコ・フェリーニ《 81/2 》

いま何してる⁇
フェデリコ・フェリーニの
8 1/2をwowwowで見終わったところです

いままで
何回も観てきてようやく理解できたかな?と
とても幸せ‼︎

b0071410_21222074.jpg


この映画が
作られたのは55年前で私は23歳でした
混乱しましたね 笑
以来フェデリコ・フェリーニ作品が上映されるたびに追っかけました
8 1/2は
絵画でいうとちょっぴり自虐的な自画像‼︎
だと思っています
彼の人生に関わるありとあらゆる人や物たちと戯れあっているパッチワークの様な映画だと

繰り返し観ているうちに
気負わないで観られるようになったのです

最期の台詞
「人生はお祭り、輪になって共に踊ろう」という言葉が実感できる歳になったいま
漸くあのシュールな映像の謎解きが理屈抜きで
面白くなったのです
こういうことって
とても幸せ‼︎



[PR]
by tarizumi | 2018-03-17 21:14 | 映画

アメリカ映画:沈黙-サイレンス-


気になっていた
アメリカ映画:沈黙-サイレンス-を渋谷で‼︎

b0071410_21435332.jpg


映画を観ながら
無神論者の私は“人”として心のなかで
号泣していました。


かって
本やオペラや日本映画の『沈黙』でこれほどの
感動はありませんでした。


マーティン・スコセッシュ監督は

地球上に存在する
すべての宗教に《ひとつの問い》を
投げかけたというのは言い過ぎでしょうか?

***************

Facebookに投稿したところ
コメントを頂きました

これを添付補足します


富子さん:
その美しい涙、もう少しお話しして下さいな✴✴

榊原さま:
遠藤周作の『沈黙』は江戸初期に恐ろしく厳しい吉利支丹弾圧に苦しんだ日本人信者とイエズス会の宣教師の話です。
いままで私はこの主題を《かくれキリシタン》として苦しんだ人々(宣教師や信者)の心の有り様や江戸奉行の残忍さだけを読んでいたに過ぎなかったと気づきました。もちろん私のお粗末さです 笑

いま世界は
あらゆる宗教によって大きな不幸が起きています。
信仰とは何か?信仰によって人間は救われるのか?
信仰によって正しいことが行われているのか?
善行とは一体何なのか?
マーティン・スコセッシ監督映画『沈黙』から
【現代】のこの壮大な主題を突きつけられたような気がしました。

なぜ私が涙したのか?
あまりにも人間を愛おしく思ったからです❣️

これで榊原さまにお答えできたでしょうか?




[PR]
by tarizumi | 2017-02-06 21:32 | 映画

メトロポリタン:ライブビューイング《ドン・ジョヴァンニ》


二子玉川109シネマズで
モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
を観ました

b0071410_21383460.jpg


とにかく面白くなくて
珍しく眠ってしまいました 笑
エグゼクティブシートの心地よさもあったかな⁇

ドン・ジョヴァンニを演じた
サイモン・キーンリーサイドは《マクベス》で好演した
ケンブリッジ大学出という異色のバリトン歌手

やはりイギリス人に
ドンファンは無理なのかな⁇


クリスマスモード全開の
蔦屋家電でお茶したりぶらぶらと店内散策

b0071410_21383579.jpg


b0071410_21383590.jpg


b0071410_21383607.jpg


b0071410_21383606.jpg


きょうは
木枯らしが吹く寒い一日でした


[PR]
by tarizumi | 2016-12-06 21:03 | 映画

映画:『ブルーに生まれついて』:『 BONE TO BE BLUE 』


映画:『ブルーに生まれついて』を観ました

チェット・ベーカー+イーサン・ホークとくれば
観ないわけにはいかないでしょう

b0071410_21271401.jpg


主人との
待ち合わせはル・シネマで

b0071410_21271410.jpg


いつものように黒一点かなぁと思いきや
主題がジャズなのでさすがに男性客も多い!!


b0071410_21271588.jpg


久しぶりにぐっときました
トランペットのあの音色と甘い声が
耳から離れず

観終わった余韻の中では
やはりバーボンウイスキーでしょうと!!!!
心地よく酔いました


帰宅したらASUKAの再逮捕ニュース

終生
ヘロイン中毒に苦しんだチェット・ベーカーと重なって
少しブルーな気持ちになりましたね




[PR]
by tarizumi | 2016-11-29 20:41 | 映画

ドイツ映画:『帰ってきたヒトラー』


連休中日

ドイツ映画:『帰ってきたヒトラー』を観ました


b0071410_20484144.jpg


プレビューは書けません
何故かと言うと疲労でほとんど眠っていたからです

*****

映画のポスターを見ていて山藤章二さんの
“有名人は似顔絵が描きやすい”の言葉を思い出しました

ヘアスタイルと口髭だけで
ヒトラーが表現されるとは一体何なんでしょうか?




[PR]
by tarizumi | 2016-07-18 20:04 | 映画

映画:『ルーム』と『さざなみ』の二本を観る


一日2本の
映画を観るときは

どちらの映画を先に観るか?ということで
見終わったあとの気分が大きく変わってくるのです
今日もいい選択でした 笑

❶映画『ルーム』有楽町日劇
b0071410_19342177.jpg


観ている間
もし私だったらという思いが離れず
とても怖い映画でした

たった一つの
天窓があるだけの『部屋』に7年間も監禁された
母親と5歳の息子との生活

脱出後
社会生活に復帰してからの二人の心の葛藤

さすがに
カナダとアイルランドの製作だけあって
含蓄のある台詞が散りばめられた奥深い映画でした

❷映画『さざなみ』シネスイッチ銀座
b0071410_19342188.jpg


この映画も
もし私だったらという思いをより強く感じました

イギリス郊外で
穏やかな田園生活を送る夫婦ジェフとケイト

結婚45周年の祝賀パーティの6日前に
配達された1通の手紙は

50年前に
山岳事故で死んだジェフの恋人の遺体が
クレバスのなかで発見されたという知らせでした

平静を装いながらも
微妙に揺らぎはじめる夫婦の葛藤‼︎

ラストシーンで大写しになった
シャルロット・ランプリングの表情には
“ぜったいに許すものですか”という心の叫びが重なりました

老夫婦ってこんなにも脆いものでしょうか
私ならどうするかなぁ〜




[PR]
by tarizumi | 2016-04-16 18:22 | 映画

イタリア映画《母よ、》とアメリカ映画《幸せをつかむ歌》


ル・シネマで

“動”と“静”といった異なった二本の映画を観ました

b0071410_11552538.jpg


イタリア映画 《母よ、》11:00~
イタリアの匂い?がしない地味な映画
主人公は女流監督のマルゲリータ

映画は撮影現場の光景を柱に
恋人との別れ・元家族との関わり・母の死などの悩みを絡ませながら
それに対峙するマルゲリータの姿を淡々と描きます

終盤ではある種の哀愁を感じたけれど
なぜか
映画が終わるのを待っていたかのように
ホッとしました 笑


そんなに多く見ている訳ではないけれど
昔のイタリア映画が懐かしい‼︎‼︎
こんな時代もありましたね⬇︎

b0071410_11552529.jpg



アメリカ映画《幸せをつかむ歌》14:50~
メリル・ストリープの
抜群の歌唱力センスは鳴物入りですね

観る前に
あの体型の雰囲気から想像してどんなロッカーか⁇と
大いに期待したのです 笑

もう‼︎抜群の演技力

革ジャン・ギンギンジャラジャラのアクセ・どぎついメークはもう‼︎貫禄
実の母娘共演もいいですね


予告編にも観たい映画が目白押しでした
4月が楽しみです

b0071410_11552539.jpg




[PR]
by tarizumi | 2016-03-18 10:40 | 映画

1990/7/7:3大テノール


日曜日の昼下がり

【 THE 3 TENOR 】に感涙‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎

b0071410_09583495.jpg


1990/7/7
サッカーワールド・カップイタリア大会での前夜祭

カラカラ浴場での夢の競演【THE 3 TENORS 】

当時
6000枚のチケットが10分で売り切れ
世界54カ所にTV放映されたという伝説のコンサート


古い映像なので雰囲気だけを楽しみたいと
半年前にチケットを購入したのですが

ところが
デジタル上映の素晴らしさに釘ずけされた86分‼︎
でした


mizumachi -barで余韻を楽しみながら
興奮冷めやらずで 笑

b0071410_09583453.jpg


ことしも残り僅かになりましたね

いつも
できるだけいい時間を過ごしていきたい‼︎‼︎‼︎

b0071410_09583413.jpg







[PR]
by tarizumi | 2015-12-22 08:51 | 映画